ニューヨークに【行きたくなる映画】

ニューヨークに【行きたくなる映画】

こんにちは、アメリカ在住のあご丸です。


今回、紹介するのはニューヨークが舞台の映画で
名作ばかりです。


僕はニューヨークに一度も訪れたことがなかった頃は、
ニューヨーク舞台の映画をみてよくテンションを上げてました。



映画好きの方でなくても一度は見たことがあるかもしれません。


まだ観たことがないという方には、一度は見ていただきたいものばかりです。



✔︎もくじ


・ニューヨークに行きたくなる映画

・ニューヨークの映画の後は



ニューヨークに行きたくなる映画 


ニューヨークに行きたくなる映画



・プラダを着た悪魔

・ホームアローン2

・レオン

・ゴースト

・レント


プラダを着た悪魔 (2006)


ニューヨークに引っ越してきたファッションに興味がない田舎娘が、
流行を世界に発信する鬼編集長の元で働き成長していくストーリーです。



ファッション業界で奮闘する女性をリアルに描いている作品です。
アン・ハサウェイ演じるアンディがテンポ良く綺麗になって行く様子が視聴者を楽しませます。



ニューヨークの慌ただしい平日という感じで好きですね。
この作品は仕事をしている女性だけではなく、男性にも是非見ていただきたい映画です。とてもエネルギッシュで私たちにパワーをくれます。



僕の人生に影響を与えた作品です。
あなたもニューヨークで働きたくなるかもしれません。


この映画は実際にいる世界的に有名なVOGUEのカリスマ編集長のアナ・ウィンターがモデルになってるのではないかと噂があります。



(※この筆者自身VOGUEで働いてた経験がありますが、否定しています。)


ホームアローン2 (1992)


大家族のマカリスター家は今年のクリスマスはマイアミ旅行を計画する。
しかし空港で家族とはぐれケビンのみ、ニューヨークへ。



シリーズ2は見知らぬ街ニューヨークで、
ケビンがたった一人で泥棒コンビに立ち向かって行きます。


映画に写っているニューヨークのボロボロのアパートが以前の僕の家にそっくりです。(笑)


子供の頃のいたずら心や純粋さを思い出しましょう。
今のストレス社会ではこういった少しおバカな作品が世の中には必要です。



ちなみに世界で毎日ニュースになっているあの人がカメオ出演しています。


レオン   (1994)


超一流の殺し屋レオン、感情もなくただ人を殺して生きていた彼が、隣の部屋に住むマチルダという少女と出会いレオンに変化が…。


この映画の舞台はニューヨークのリトルイタリー、現在はマンハッタンのチャイナタウンと言われる場所です。


今もなお、時代を超えて愛され続ける名作「レオン」
この映画を見ると何だか、人間らしさや愛情というのを表現したくなります。



そう言えば学生時代に友達がマチルダに憧れてボブでチョーカーつけてる女の子いました。

マチルダ可愛いです。


ゴースト/ニューヨークの幻(1990)


デートの帰り道に暴漢に襲われ死んでしまった主人公が、おばけになり恋人に危険を知らせようとするが…。



90年代のニューヨークを舞台に名作のラブロマンス&ファンタージとちょっぴりのコメディ感がたまりません。映画の始まりはイチャイチャシーンが多めです。



恋人や気になるあの子と一緒にみましょう。
ニューヨークも好きになり、その子ともいい関係を築くチャンスかも?


僕は数年前に恋人と一緒に見たのですが、二人とも号泣でした。


レント (2005) 


1989年クリスマスイブ、ニューヨークでの社会問題を抱えている、
8人の若者の1年間の生き様がミュージカル風に映画化されています。

Rent (2005) – Trailer

Jonathan Larson’s Pulitzer Prize-winning revolutionary rock opera tells the story of a group of bohemians struggling to express themselves through their art and “measuring their lives in love.” Against the gritty backdrop of New York’s East Village, these friends strive for success and acceptance while enduring the obstacles of poverty and the AIDS epidemic.



自由に生き1日1日を大切にすることを教えてくれる映画です。
流れてくる音楽はとにかく明るくポジティブなものばかりで聞いていて前向きになります。



ニューヨークの街並みの映像がとても綺麗です。


ニューヨークの映画の後は


ニューヨークの映画の後は



今回は、ニューヨークを舞台にした映画を取り上げました。

旅行など行かれたことがない方は、
映画を1本でも見ていただいて、ニューヨークに遊びに行って欲しいなと思います。

ロケ地など行きたい方は、ニューヨークのマンハッタンは狭いので(東京の山手線の範囲)たくさん回れると思います。


それでは今回はこのへんで。



合わせて読みたい記事

ニューヨークが舞台【海外ドラマ】NYに行く前に見よう。

【ニューヨーク】舞台の映画、悪い事が好きなあなたへ

Movieカテゴリの最新記事