日本人のマスク【つけすぎ問題】異常です

日本人のマスク【つけすぎ問題】異常です

こんにちは、アメリカ在住のあご丸です。


あなたの周りに必ず1人はいるはずです、1年中マスクをつけている人。
もしあなたがその場合、少しでも改善する必要があるかもしれません。



マスクをしている人は、感染症予防の方もいますが、常時着用している人のほとんどは口元や鼻のコンプレックス隠しの為つけています。
日本にいた頃、僕がそうだったからです。



反論もありそうですが、あくまで僕の考えです。



✔︎ 本記事の内容


・なぜ日本人は常時マスクを着用するのか

・日本人のマスク依存は異常です

・マスクつけすぎは不衛生?

・日本人に対しての海外の反応

・あご丸の考え(常時マスクしてました。)



日本人の異常な、マスク着用の件について詳しく深掘りして行きます。
メリットもありますが、デメリットも多いです。

なぜ日本人は常時マスクを着用するのか


なぜ日本人は常時マスクを着用するのか


なぜ日本人は常時マスクを着用するのか理由を見て行きます。


・コンプレックスを隠すために着用

・人とのコミュニュケーション回避


コンプレックスを隠すために着用


日本人の多くに見られる特徴は、自分の容姿(鼻、口元、歯並び、顔の形、肌環境)に自信が無いため、顔の半分を覆うことができるマスクを着用。


学生時代や幼い頃に顔の部位をいじられてコンプレックスになり、マスクを着用するようになった。



僕の場合もそうです。名前や画像でわかると思いますが、ケツアゴ&あごながい(以前までは口臭も)だったので、毎日マスクを着用してました。

口臭についての詳しい記事はこちら
口臭対策 【口のくさい僕が、改善できたわけ】



人の欠点(コンプレックス)をわざわざ探し出し、面白可笑しく笑い者にする人はどこにでもいます。特に学生時代にはそういった人間は多いです。


ですがそのような人間は社会から孤立していくので無視してOKです。

なお社会人になると、あなたがマスクでコンプレックスを隠していようがいまいが、他人は自分の事で精一杯のため実際全く気にしていません。


マスクを毎日付けている人の方が気になってしまいます。


人とのコミュニュケーション回避


コミュニュケーションが苦手で、人に合わせて表情を作るのが面倒、などコンプレックスを隠せる為、他人の視線に気にならないためマスクをつける。

体調が悪いと理由をつけることもでき、社会と壁を作ってしまう。

このような理由で常時マスクを付けてる方は少ないかもしれませんが、あなたが当てはまるようであれば、読み続けてください。

日本人のマスク依存は異常です


日本人のマスク依存は異常です

日本人のマスク依存は異常です。


マスク依存は社会と壁を作り、ひきこもりや鬱っぽい症状になることもあります。

マスクをする事により、コンプレックスを隠せるので着用時のほうが意気揚々とコミュニュケーション取ることができるが、着用してない時はコミュ障に陥ってしまうというケースもあります。


これは気分を鬱っぽくさせ、外出したくないという事にも繋がります。



日本人はSNSを使用する際、プロフィールに自分の顔写真を貼ると発言が少なくなったりorできなくなってしまったりという現象が起こります。
しかし平気で人を中傷するような人間がSNSではいますが、ほとんど顔写真は載っていないと思います。



これはマスクをするという事に少し似た要素があります。

その依存に気づかず、毎日外出時マスクをしてしまう人は、このままでは一生マスクに依存する生活になってしまうので注意しましょう。


マスクつけすぎは不衛生?


マスクつけすぎは不衛生?


マスクの長時間の着用は不衛生です。

マスクの中は半密封のため、呼吸で湿度と温度が上がります。
会話をした際に唾液などが飛び散りマスクの中で細菌が発生しやすい環境になり、ニキビや肌荒れの原因になります。

またマスクの生地やゴムの圧迫の摩擦により肌荒れしてしまうこともあります。


肌荒れやニキビを隠す為に着用してる人も少なくないと思うのですが、鼻や口周りは特にニキビができやすい環境のため、菌が増え悪化してしまう可能性もあるので注意が必要です。



ニキビや肌荒れでマスク着用の気持ちは痛いほどわかりますが、
やむを得ない場合以外はマスクの着用は避けたいところです。


ニキビ予防に効く洗顔、スキンケアについての詳しい記事はこちら
【悲報】 洗顔、スキンケアをしていないメンズへ



日本人に対しての海外の反応


日本人に対しての海外の反応


奇妙な光景と日本人は不気味がられています。

日本は世界に例のないマスク大国のため、マスク人口が異常だからです。


今はメディアも「伊達マスク」などと面白可笑しく取り上げるため、マスクをすることが予防などではなく、ファッションとして着用している若者も多いみたいです。


僕が住んでいるアメリカでは、ほとんどマスクが売られていないため、アメリカでマスクをすると、まず注目を浴び、感染症を持っているイメージで不審者扱いされます。


話題を集めることはいいと思うのですが…。
これが日本文化だと思われるとなんとも言えないですね。

アメリカでマスクをつけている人をみると、久しぶりに見たという感覚になります。日本帰国の際にいつも驚くことは異常な数のマスク人口ですね。

あご丸の考え(常時マスクしてました。)


あご丸の考え(常時マスクしてました。)


名前にもあるように、あごに特徴を持った日本人です。(笑)

僕もコンプレックスを隠す為にマスクをしていました。
ですがコンプレックスがない人間なんていません、どんなに美女、イケメンでも何かしらの問題を抱えているのが当たり前です。

コンプレックスを気にするなというのは、僕でもまだ無理です。
ですが、マスクで顔の毎日隠す生活は少し寂しいですよね。


僕はアメリカに住んだきっかけでマスクの着用を辞めることができました。この環境チェンジで辞めることはとても簡単ですが、日本いるとそう簡単ではないのは理解しています。
ですが、マスクをつける環境に慣れすぎると本当に外すことができなくなります。



長い間着用している方はすぐに外せるとは思ってないです。
ですが、すぐに外そうとするのではなくマスクの使用時間を短くするというのは効果的です。少しずつでOK。


最後に、あなたのマスク解禁を願ってます。
使用用途に合った使い方をしましょう。



Lifeカテゴリの最新記事