安くておしゃれな【こたつ】寒い時期に欲しい!一人暮らしにおすすめします。

安くておしゃれな【こたつ】寒い時期に欲しい!一人暮らしにおすすめします。

こんにちは、あご丸です。


冬になると必要になってくるこたつ。雪国出身の僕は必ず冬前に準備します。
「ぬくぬく」しながら、クリスマスお正月を迎えましょう。


おしゃれで安いこたつを探している方に、
購入時気をつけたいポイントをお伝えし、おすすめのこたつを紹介します。


✔︎もくじ


・こたつのメリットとデメリット

・こたつの種類

・こたつの大きさ

・こたつのヒーター種類

・一人暮らしにおすすめなおしゃれな安いこたつ5選



こたつのメリットとデメリット


こたつのメリットとデメリット



・メリット

・デメリット


メリット


こたつをはストーブやエアコンとは違い、掛け布団で遮られた空気を温めて逃がしません

温める空気が少量でいいため、電気代を安く済ませることができます。

デメリット


こたつに入ると気持ちよくなってしまい、長時間使用してしまう可能性も。

長時間使用をすると脱水症状を起こしやすく、便秘になったり、ひどい場合は脳梗塞を引き起こすこともあります。

また、そのままこたつで寝てしまった次の日には腰を痛めたり、体温の低下によって熟睡ができず睡眠不足になることもあります。気をつけましょう。

こたつの種類


こたつの種類


こたつには様々な種類があります。
自分の環境にあっているものを選びましょう。


・ノーマルタイプ

・収納可能タイプ

・ローorハイタイプ


 ノーマルタイプ


こたつは4本の脚が付いた土台の上にこたつの布団をかけ、その上に天板を置いて使用します。

天板の形は様々ですが、長方型は一昔から主流になっています。

収納可能タイプ


こたつには、固定されたものと折りたためる物があります。

折りたためるタイプは、コンパクトに収納ができるため、
部屋のスペースが決まっている一人暮らしの方に向いています

暖かくなる時期は邪魔になるので、このタイプは重宝します。

ロー or ハイタイプ


高さにも種類があり、床に座りたい方はロータイプがおすすめです。
こたつに入ったまま寝転がることができ、自室やリビングなどでくつろぐことができます。

椅子を使用しないので、小さいお子さんがいる家庭でも快適に使用ができます。


ソファに座りながらこたつを使用したい場合はハイタイプがおすすめです。
こたつの高さは、普段使用する椅子やソファの高さに合わせましょう。


ローソファの場合、足の高さは「60~65㎝」
ある程度の高さがありうソファや足を組んで座りたい場合は70㎝前後の物がおすすめです。


こたつの大きさ


こたつの大きさ


こたつを選ぶ際は、部屋の大きさに対して適切なサイズを選ぼう。

4〜 6畳のお部屋では、テーブル本体サイズは最大「120×80(cm)」が置ける限界の大きさで、
6畳では「135×85」、8畳では「150×90」、10畳では「180×90」がギリギリのサイズです。


テーブルの大きさだけではなく、覆う布団の大きさも考える必要があります。
目安は、「天板の長辺・短辺のそれぞれの長さ」に「こたつの高さ×2」を足して、少し余裕を持たせるのが適切な長さです。


購入の際は必ず商品ページを確認し、寸法を測るべきです。部屋に置くイメージをしましょう。

一人が食事をしたり書き物を行う際の広さは、「幅75㎝奥行40㎝」は必要とされています。
テーブルにティッシュやリモコンなど私生活から活用をする場合、「75×75㎝以上」のものを選ぶのが無難です。

こたつのヒーター種類


こたつのヒーター種類


こたつは暖房効果が左右するヒーターや、自動機能があるこたつもあるのでしっかりと確認して選びましょう。


・即暖性ヒーター

・遠赤外線ヒーター

・フラットヒーター

・温度調節機能、自動オフ機能


即暖性ヒーター


ハロゲンヒーターとコルチェヒーターは即暖性があり、
「省スペース」「長寿命」が特徴です。寒いのが苦手な人や、すぐに温まりたい人に向いています。

遠赤外線ヒーター


赤外線ヒーターは、比較的にリーズナブルで劣化したときに取り換えやすいです。

他と比べて速熱即暖性は劣りますが、遠赤外線効果でじっくり暖めてくれるという特徴があります。
体の芯から温まれるので、冷え性の方におすすめです。

フラットヒーター


フラットヒーターは、天板裏側に広く設置される薄型のヒーターです。

全体を均等に温められるのが特徴ですが、十分に温まるまでに時間がかかるのがデメリットですが、
電気代を節約したい方にはおすすめです。

温度調節機能、自動オフ機能


こたつの中には、温度調節機能を持ったものがあります。


この機能は温度の上がりすぎを防ぎ、こたつ内を常に快適な温度に保ちます。
電子制御方式と呼ばれるものや、サーモスタット制御方式と呼ばれるものがあります。


長時間こたつを使用する方におすすめの機能です。

人感センサー機能が付いたこたつは、人が一定時間いなくなると自動でスイッチを切ってくれるので電気代の節約になります。


一人暮らしにおすすめなおしゃれな安いこたつ5選


一人暮らしにおすすめなおしゃれな安いこたつ5選



・リバーシブル仕様のこたつテーブル

・デスク型こたつ

・かわいいカラーこたつ

・楕円型のこたつ

・リバーシブル天板こたつ


①リバーシブル仕様のこたつテーブル



テーブルの大きさは、「幅70cm ・奥行き70cm ・高さ38.5cm」です。
一緒についてくる掛け布団の大きさは「170cm×170cm」となっています。

掛け布団もついていて一万円を切っているリーズナブルな商品です。

②デスク型こたつ



こちらはデスク方のこたつで木目調の出来上がりとなっています。

石英管ヒーターを搭載しているのですぐに温まることができ、
厚さが「約5㎝」と薄いためオールシーズン活用することができます。

このデスクは高さを二段階に調整することができます。
「サイズは幅75㎝、奥行き50cm、高さは70㎝」となっています。

③かわいいカラーこたつ



天板がかわいいカラーフォルムになっているこたつです。

色々と選べるデザインと色で好みに合わせて、
形は3種類・色は4種類の合計12種類の中から選ぶことができます。

ウレタン塗装が施されているため、強度に強くカラーの鮮やかさを保ちます。

④楕円型のこたつ



石英管ヒーターでコンパクトなかわいいビーンズ形の天板のこたつです。

UV塗装が施されているので汚れにくく、ローテーブルなので食卓としても活用ができます。

サイズは「幅90㎝、奥行60㎝、高さ38㎝」です。

⑤リバーシブル天板こたつ



こちらは天板がリバーシブル天板となっており、気分に合わせて天板の模様を変えることができます。
洗えるこたつの掛け布団がついてきます。

機能として、温度調整が細かにでき簡単にオンオフができます。
一年間のメーカー保証もあるので、何かあっても安心です。

サイズは「直径70×高さ35cm」 となっています。


こたつを持ってない方も、新しく買い替える方も、この寒い冬をぬくぬくして乗り切りましょう。

気持ちよすぎて、寝るのは気をつけましょうね。


 

 

 

Lifeカテゴリの最新記事