留学を迷ってる社会人に【厳しい一言】

留学を迷ってる社会人に【厳しい一言】

こんにちは、アメリカ在住のあご丸です。


厳し事を言いますが、留学を迷っているor考えている方、今動こうとしなければ一生動けません。


一番大切なのは、心の声や直感に従う勇気を持つこと。
And most important, have the courage to follow your heart and intuition.

スティーブジョブズ



既に、自身のプランが決まっておりアクションを起こしてる方に関しては必要のない記事です。
違う記事でお会いしましょう。



✔︎本記事の内容


・留学は誰もが考え、誰もが迷います

・留学で得られる事

・新しい行動することは、みんな怖いです



今回は社会人で留学を迷っている方に向けて、あなたはこの記事を読んだ後すぐに動きたくなるでしょう。


留学は誰もが考え、誰もが迷います。



留学に興味がある人は、あなたが思っているよりもたくさんいます。

迷っている原因を明確にしましょう。

✔︎社会人によくある原因


・目的が明確ではない

・年齢の問題

・帰国後のプランが不透明



目的が明確ではない


まずは本当に行く気があるのかしっかり考えてください。

海外への憧れ、とにかく行きたい、今の会社が嫌だからなどと留学の目的が曖昧だと動き出すのが難しいです。

異文化へ行き日本と違う感覚を手に入れ成長したいから。英語スキル向上や帰国後に新しい職場、現在の職場で能力を発揮したい為。
などしっかりした目的を作りましょう。

年齢の問題


歳のせいで迷っているのは勿体ないです。

確かに、年齢が上がれば上がるほど、仕事家族お金、の事を考えるようになりほとんどの方が身動きが取れにくくなるからです。

仕事や家族がお金が大切なのは、あなただけではありません。

僕の周りには20代はもちろん30代~40代の方もたくさんいます。
家族を持っていても、仕事があっても、行動力のある方は留学されてます。

帰国後のプランが不透明


誰しも帰国後のプランがあるとは限りません。

キャリアにブランクが残る、帰国後が怖いなどと言う方へ、
リスク無しでメリットを得ることはできません。


留学をすると色々な人と出会うチャンスが今まで以上に増え、価値観も変わり、そのまま現地で就職する方や、自分のやりたいことが見つかり企業する人などもいます。


確かに、帰国後のことは不安です。ですが動き出してみないとわからないことがこの世界には山ほどあります。


留学で得られる事



当たり前のことですが、留学は自分の成長にうってつけです。

留学した後は面倒臭いことが嫌いでも、自分自身で全て対応しなくてはならないため、自分のマネジメントする必要があるからです。


英語スキルが上がる : まず生活をしないと行けないので嫌でも身につく(努力次第)

海外の友達ができる : 帰国後もSNSが繫がっていれば簡易的に連絡、情報共有できる

刺激的な人々との出会い : 価値観が変わる

価値観が変わる : 価値観が変わり自分のやりたいことが見つかる

全てが初めて : あなたの常識をぶち壊してくれます


社会人で年齢が上がって行くにつれプライドが高くなっていく為、日本では失敗できない環境が出来上がってしまいます。

留学当初はほとんどの事が初めての経験のため、子供の頃のように失敗の連続です。これは日本にいてはできない良い経験です。

日本に帰国した際には、あなたは大きな物を得ているでしょう。

新しい行動することは、みんな怖いです



海外に行くハードルなんてありません。誰でも行けます。

想像を膨らますのはいい事ですが、ハードルを上げる必要は全くありません。


少しでも留学の考えがあるのであれば、まずは無料の留学エージェントに資料請求しましょう。


これは契約とかではなく、資料請求なので家に届くだけです。興味がなければ捨ててOKです。

僕の場合なかなか留学に本腰を入れることができなかったのですが、資料請求は無料ということもあり、色々な会社の資料をかなりの数を頼んでいました。


その後資料を読み、会社の評判などを詳しくネットで見て決め、エージェントに連絡を取り、話を進めました。


留学をする前は未知の経験だらけで、違う星に行くような感じがします。ですが、いざ留学してしまうとそこには宇宙人がいるわけでもなく、僕らと同じ人間が普通に生活してます。
海外旅行されてる方はわかると思いますが、言語の問題はどうにでもなります。



留学を悩んでるいる時間ほどもったいない時間はないです。
正直エージェントと会うところまで行けば、あなたは大きな1歩を動き出したことになります。

これで以上になります。
少々強めな表現がありましたが最後まで見ていただきありがとうございました。

あなたが少しでもこの記事を見てアクションを起こして頂ければ幸いです。応援しております。




Growthカテゴリの最新記事