コンバース【名作チャックテイラー】CT70が欲しい!日本では買えない理由。

コンバース【名作チャックテイラー】CT70が欲しい!日本では買えない理由。

こんにちは、アメリカ在住のあご丸です。


コンバースが大好きで、ここ最近のスニーカーはコンバースしか買ってません。


僕が大好きなオールスターのチャックテイラー「CT70」が世界では売られているのに
日本では購入できない理由と購入したいときの方法を紹介します。


✔︎ 本記事の内容


チャックテイラー「CT70」を購入できない理由

コンバース、オールスターとは

チャックテイラー「CT70」とは

チャックテイラー「CT70」の購入方法

コンバースのADDICTがCT70に似ている


チャックテイラー「CT70」を購入できない理由


チャックテイラー「CT70」を購入できない理由


チャックテイラー「CT70」に限らずアメリカ本家のコンバースは日本国内では購入できません。

コンバースジャパンとコンバースUSAは全くの別会社の為、日本では購入できず、輸入も禁止されています。


アメリカ創業のコンバースは一度倒産しており、アメリカでは現在NIKEの傘下に入ってシューズを作っています。
日本のコンバースジャパンは、倒産した際に商社の伊藤忠商事が買収して日本製のコンバースが作られています。



コンバースジャパンはコンバースUSAが輸入によって日本国内に入ってしまうと、別会社のコンバースが売れても利益がなく、競合になるため輸入禁止にしています。

ちなみにもちろん海外では、日本国内のコンバースも販売できません。

合法的なやり方では日本にいては、アメリカのコンバースを履くこと叶わない状況なのです。


コンバース、オールスターとは


コンバース、オールスターの種類


コンバースには似たようなスニーカーがたくさんあるので、分かりやすく紹介していきます。


オールスターとは

日本とアメリカのオールスターの違い

MADE IN JAPANモデル



オールスターとは


コンバースを代表するモデルです。

1917年にバスケ専用シューズとして開発し、100年以上の歴史あるデザインは今もほとんど変わってません。

ファッションに興味がない人やファッション好きな人でも、オールスターは人気の一つです。

日本とアメリカのオールスターの違い


日本とアメリカは別会社の為、オールスターも少し違います。

日本で売られているのはこちら


よく現行オールスターと呼ばれていて「ABCマート」などのストアで見かけるのはこれです。
ヒールラベルが「ALL★STAR」です。

価格は約7,000円ぐらいと日本では一番お手頃なオールスター。



アメリカで売られているのはこちら

日本とアメリカのオールスターの違い



ヒールラベルが「CONVERSE ALL★STAR」です。
価格は日本円で約6,000円ぐらい。

二つの違いとしてはヒールラベルの記載が違い、日本版はラバーの色も少し青みがかっている白色です。


MADE IN JAPANモデル


上記で紹介した日本のオールスターのクオリティが高いモデルラインです。



このシューズはセレクトショップなどにも置いてることが多いです。
ヒールラベルが「ALL★STAR MADE IN JAPAN」になってます。
価格は少し上がって約13,000円

現行オールスターより丈夫だったので、僕は日本にいるときはこちらのタイプを履いていました。



チャックテイラー「CT70」とは




今回本命のチャックテイラーCT70がやっと紹介できます。



・チャックテイラー

・CT70


チャックテイラー


チャックテイラーとは人の名前の事でバスケットボールのスター選手です。


本名は「チャールズ・H・テイラー」です。バスケット用に作られたコンバースのオールスターを愛用し、普及や改良の助言も行った、彼の功績を認め、彼の名前がシューズに入るようになりました。



40年代~70年代頃に作られたオールスターのことをチャックテイラーと呼びます。

昔のオールスターのことです。

CT70


60年代から70年代のオールスターの復刻を日本では「CT70」と呼ばれています。アメリカでは「CHUCK 70」と呼ばれ販売されています。



男も女も関係なく、キマリます。


バスケット用に開発されたということで、もちろん履き心地も良く、シルエットも洗礼されています。
ソールが通常のオールスターよりも厚く、1日中履いても足が痛くならないです。



価格は日本円で 約9,000円

ヒールラベルが「CONVERSE ★ALLSTAR chuck taylor 」です
このクオリティでこの安さは異常です。

日本ではほとんどお目にかかれないと思います。

チャックテイラー自体は日本で購入できますがアメリカの企画で復刻された「CT70」は日本では購入することができません。


チャックテイラー「CT70」の購入方法




入手困難なCT70の購入方法。



・古着屋に回る

・海外通販サイトで購入

・海外に行って購入


古着屋に回る


もしかしたら古着屋には置いてる可能性があるので一度訪れみてはいいがでしょうか?

もちろんシューズショップやセレクトショップには置いてないです。

古着屋においている場合は、偽物の可能性は低いと思います。


海外通販サイトで購入


海外通販サイトやウェブ上で購入できるみたいです。

海外通販サイトは届かないというのも聞いたことがあるし、届いても偽物だったケースもあるみたいです。

本物の場合もあるみたいなので、どうしても欲しい方はリスク承知で購入してみては?

海外に行って購入


税関で没収されるケースもあるが、入れるケースも。

海外に行って購入して戻ってくる際に税関に没収されるというケースも聞いたことがあるので、リスクは少しあります。


ですが僕の知り合いはアメリカから、転売のため新品10足近くを持ち込んでも止められなかったというケースもあるので、税関次第かもしれません。



ちなみに日本では希少な為、高値が付くみたいです。



古着屋や海外サイトから入ってくる、コンバースUSAはうまいこと税関をすり抜けたシューズです。

わざわざアメリカに行かなくても、お隣の韓国や他のアジア諸国でも購入できるみたいなので、行った際は1足買い履いて日本に戻ってみてはいかがでしょう。(履いて戻れば大丈夫かも?)




コンバースのADDICTが「CT70」に似ている




ADDICTは60年代のチャックテイラーを日本の技術で再現した復刻モデルです。



コンバースの100周年を記念して作ったモデルが ADDICTです。
こちらは日本でしか購入できません。

価格は 約16,000 ~ 30,000円 ハイエンドラインなのでちょっぴり高めですね。


「CT70」の9,000円よりはかなり上がりますが、どうしてもリスクなどかけずに欲しい方は、コンバースジャパンが出しているADDICTを購入しましょう。



残念ながら日本ではコンバースUSAを簡単に手に入れるのは難しいですが、
難しいからこそ本家のチャックテイラーを手に取って履いて欲しいです。



こちらの記事も合わせてどうぞ

【Vans】オールドスクール。流行りすぎ?人気の理由

Fashionカテゴリの最新記事